キャッシング基礎知識を0から10まで分かりやすくご紹介!

当サイトではキャッシングに関する基礎情報を0から10まで分かりやすくご紹介しています!キャッシングの利用を検討されている方はぜひ活用してみて下さい。

キャッシング基礎知識

キャッシングの基礎知識を1から知ろう

「お金がどうしても必要だけれど、消費者金融や銀行のキャッシングには怖いイメージがある。借金地獄にはまって自己破産なんて話を聞いたことがある…」

キャッシングについて「怖いもの」というイメージを持っている人は少なくありません。

ですが、今や消費者金融がテレビCMで人気タレントが堂々と宣伝をしている時代です。

消費者金融会社の方も現在はほとんどの会社が大手銀行のグループ会社となっていますので、クリーンな経営を行っているというのが実際のところです。

ここではキャッシングを初めて利用する人向けに基礎的な知識を整理してみました。これからキャッシングを使うことを検討している方は参考にしてみてくださいね。

◎キャッシングをすると利息地獄にはまってしまう?

消費者金融などでキャッシングをすると利息がふくらんで大きな負担を負ってしまう、利息地獄にはまってしまう…という不安をお持ちの方も多いかもしれません。

ですが、実際には「利息制限法」という法律があり、消費者金融がわたしたちから取ることのできる利息(貸付利率)は決まっています。

具体的には借金の金額が10万円までの場合には年利20%、借金100万円までの場合は18%、借金がそれ以上の金額の場合は年利15%までとなっています。

たとえば10万円のキャッシングを利用したとすると、年間で2万円までしか利息は発生しないということになります。
・「返せないほどの金額」は一度に借りることができない

また、消費者金融のキャッシングでは「総量規制(そうりょうきせい)」というルールがあり、「年収の3分の1以上の金額は借りることができない」という制限がされています。

たとえば年収300万円の人であればキャッシングは100万円の限度額までしか利用ができないということですね。

キャッシングというとどんどん金額がふくらんでいってしまうというイメージを持っている方もおられるかもしれませんが、実際には「借りたくても借りられない」というのが実情です。

金融機関の側としても貸したお金が返ってこなくなると困りますので、利用者の借金の金額が大きくなりすぎないように注意しているというわけですね。

◎キャッシングは収入のある人向けのサービス

実際にキャッシングに申し込むことができるのは現在職業についていて毎月安定的に収入を得ている人だけです。

申し込みを行う際には源泉徴収票や給与明細などの「年収を証明する書類」の提出を求められるほか、勤務先への在籍確認なども行われます。

なお、銀行のカードローンなどを使うと、専業主婦の方など自分は職業についていないけれど配偶者の人が職業についている人はキャッシングの申し込みを行うことができます(消費者金融では自分に収入がなければなりません)

-キャッシング基礎知識