キャッシング基礎知識を0から10まで分かりやすくご紹介!

当サイトではキャッシングに関する基礎情報を0から10まで分かりやすくご紹介しています!キャッシングの利用を検討されている方はぜひ活用してみて下さい。

キャッシング基礎知識

キャッシングの審査に通過する為に知っておきたい事

キャッシングには審査があります。「大急ぎでお金が必要なのに、審査に落とされて困った」という経験があるというかたも多いかもしれませんね。

キャッシング審査は申し込みをした人の年収や現在の借り入れ残高などから行われるので「こうすれば必ず通る!」ということは言えません。

ですが、ひょっとすると審査時に気をつけておくべきポイントを見逃していたのかもしれませんよ。

キャッシング審査には「これだけはやっちゃダメ」というポイントがあるので注意しましょう。

ここではキャッシングの審査にスムーズに通過するために知っておきたい注意点について解説させていただきます。

◎申し込み情報でウソを入力すると審査で落とされる

キャッシングの申し込みでは、インターネットから勤務先や現在の借り入れ金額の入力を行う必要がありますよね。

この時にウソの情報などを入力してしまうと、その後の審査で発覚した場合に即審査落ちとなってしまう可能性があります。

借り入れ金額などは他社の情報をだからウソを入力をしてもばれないのでは?と思われる方もおられるかもしれませんが、金融機関は信用情報機関という情報ネットワークでつながっているため、他社の借り入れ情報であっても参照することができてしまうのです。

勤務先に関しても在籍確認(勤務先に金融機関の担当者が電話をかけてきます)を通して事実かどうかはわかってしまいます。

キャッシングの申込時にウソの情報を入力するのはやめましょう。

◎「とりあえず申し込み」のやりすぎには注意

「審査に通るかどうかわからないから、たくさんの消費者金融にとりあえず申し込みをしておく」という方法を取る方もおられるかもしれませんが、これは審査でマイナス評価となってしまう可能性がありますのでやめましょう。

というのも、キャッシングは申し込みをするだけでも信用情報に登録されてしますのです。

まったく借り入れがない状態で審査を受ける場合と、数社に申し込みをしている状態で審査を受ける場合を比較すると、やはり後者の方が審査落ちになるリスクは高くなります。

2、3社程度の同時申し込みであればそれほど審査に影響は出ないかもしれませんが、7社も8社も同時に申し込むというようなことをしてしまうと審査落ちになる可能性も高くなると言えます。

◎即日で審査に通る人とそうでない人の違いって?

キャッシングの審査では同じ年収と利用額なのに、即日で融資に通るケースとそうでないケースがあります。

注意するべきポイントとしてはまず「何時までに申し込みをしたか?」という点。

即日で審査に通るためにはできれば午前中までにはネット申し込みは済ませておきましょう。

ネット申し込みがすんだら数分〜数時間後に勤務先会社への在籍確認をしてもらいます。

在籍確認は担当者があなたの勤務先会社に電話をかけてくるという形で行われますが、必ずしもあなたが電話をとる必要はありません。

勤務先にはキャッシングの申し込みをしている事実は知られたくはないというのが普通でしょうから、できるだけ時間指定をしたくなりますが、そうなると審査にも時間がかかってしまうことになります。

在籍確認では「友人の〜と申しますが」「以前にお仕事でお世話になりました〜ですが」といったようにキャッシングの審査であることは伏せて電話をかけてきてくれますので、別の人に電話をとられてもOKと考えておくと審査はスピーディに進めることができます。

提出書類に関しては、現在は携帯電話で撮った画像をアップロードするなどの方法で提出することができますので店頭に出向きたくない、という方でもスムーズに行うことができますよ。

-キャッシング基礎知識