キャッシング基礎知識を0から10まで分かりやすくご紹介!

当サイトではキャッシングに関する基礎情報を0から10まで分かりやすくご紹介しています!キャッシングの利用を検討されている方はぜひ活用してみて下さい。

キャッシング基礎知識

即日融資を確実に受ける為に知っておきたい知識

「明日の15時までに家賃の支払いをしないといけない」
「友人の結婚式のお祝儀代が明日必ず必要」

決まった日までに決まった金額の現金が必要!という状況では、即日融資で審査を通るようにしておきたいところですよね。

近年の消費者金融のカードローンでは即日融資が標準的なサービスとなっていますので、手順さえ間違わなければ即日融資を受けることはそれほど難しいことではありません(収入や借入残高などの条件さえ満たしている必要はあります)

ここでは即日融資を確実に受けるために申し込み時に気をつけておくべきポイントについて確認しておきましょう。

◎申し込みは午前中までに済ませよう

即日融資を通すためには、できるだけ午前中までにはキャッシング申し込みを行うと良いでしょう。

アコムなどの大手消費者金融などでは夕方以降も審査の受付をしている場合が多いですが、即日融資をしてもらうためには指定の銀行口座への振り込みをしてもらわなくてはなりません。

銀行口座への振り込みは平日15時までしかその日のうちの入金とすることができません。そのため審査には通っているのに入金は翌日になってしまうというケースが考えられるのです。

大手消費者金融のホームページを見ると、即日融資希望なら14時までに手続きをしてくださいという説明になっているところが多いですね。

即日融資を希望する方は午前中をめどにインターネットから申し込み入力を完了するようにしておくと良いでしょう。

◎消費者金融に申し込むなら総量規制に注意しておこう

消費者金融のキャッシングの場合、「総量規制」というルールが適用になります。

総量規制というのは「キャッシングは年収の3分の1の金額までしか貸してはいけない」という金融機関が守らないといけないルールのことです。

たとえば年収が300万円程度の人の場合はキャッシングは100万円までしかできないということですね。

即日の融資を希望する方は「この日までのこの金額が必要」ということが決まっている人が多いでしょうから、希望した金額が借りられないと困るというケースが多いですよね。

逆に言うと、総量規制のルールを知っておけば「自分がだいたいどのぐらいの金額を借りられるのか」という目安を立てられるということでもあります。

申し込みを行う前に源泉徴収票などから自分の年収金額を把握しておくと良いでしょう。

なお、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などで利用できる「銀行系のカードローン」では、この総量規制のルールは適用になりません。

現在すでに借入残高が多いという人は銀行カードローンを使うということも選択肢に入れておくと良いですよ。

-キャッシング基礎知識